営農型太陽光発電 環境に配慮しながら導入する営農型太陽光発電は、農業の安定性や農家の安全性を高めると期待されています。

AE MAP


💡 耕作放棄地の有効活用 💡
耕作放棄地に太陽光発電所を設置すれば、効率的にエネルギー源を確保できます。これにより、土地の環境悪化や害虫の発生などの問題も解決できます。
🌱 ソーラーシェアリング 🌱
「ソーラーシェアリング」は、農業と太陽光発電を同時に行うことで、二重の収入を得ることができます。
AE MAP 営農型太陽光発電に取り組むに当たっては、発電事業を行う間、太陽光パネルの下部の農地で適切に営農を継続する必要があります。 また、設備の設置に当たっては、農地法に基づく一時転用許可が必要となります。 さらに、長期安定的に発電事業を行うため、地域の方々の理解を得ながら事業を進めていくことが重要であり、 長期の営農計画、営農体制の確保、電気事業法に基づく安全対策等関係する法令を遵守する必要があります。
AE MAP 日本のような土地資源が貴重な国では、AEソーラーTerra シリーズモジュールを販売しています。従来の 太陽電池モジュールとは異なり、Terra モジュールは垂直に取り付けることができ、太陽光発電できるフェンスとして使用したり、 農業の各現場と組み合わせたりして、縦の空間を最大限に活用し、自然環境と経済的利益のウィンウィンを実現できます。 AE MAP


お問い合わせ・ご意見につきましては、 agrisolar@aenippon.comにお願いいたします。



製品・サービス