企業・自治体・公共施設・学校などの防災対策・BCP対策として太陽光発電・蓄電池ソリューション 近年、台風・地震・豪雨などの自然災害により、広範囲で長時間にわたり電力供給がストップする停電事例が多発しています。

企業・自治体・公共施設・学校などの防災対策・BCP対策として太陽光発電・蓄電池ソリューション

災害時には避難場所として地域に貢献し、事業を継続させ、早期に復旧させるBCP(事業継続計画)対策が必要.
さまざまな面で普段の生活とは違う状況に直面する災害時ですが、太陽光発電があれば災害で発生する停電の際の大きな助けとなります。電気が使えれば連絡や情報収集ができるので安心です。気温の対策ができる点もメリットで、高齢者や乳児がいる家庭では特に役立ちます。 太陽光発電があれば電力を流すことによって冷蔵庫が使えます。氷を作り、食品の状態をより望ましい状況で保管できるでしょう。食事で我慢すると災害時のストレスが増しますが、太陽光発電があれば改善できます。
備えなしに緊急事態を迎えると、操業率が大きく落ち、事業の縮小に追い込まれたり復旧できずに廃業したりしてしまうおそれがあります。バックアップシステムや非常用電源の整備を含めた対応策を検討・実施しておくことで、事業資産の損害を最小限に抑えることが必要です。BCPに取り組む企業は顧客や市場からの信頼・評価を得ることができ、企業価値の向上にもつながります。

原発に依存しない社会への一歩へもつながる 現在の日本は、エネルギー源として原発(原子力発電所)にも依存しています。放射能や廃炉に関する不安だけでなく、それらが環境に与える影響は大きいためさまざまな分野で原発に依存しないエネルギー源の確保が求められているのが現状です。 太陽光発電は地球環境に対してルールを守り設置、運用すれば悪影響を及ぼすことはありません。再生可能エネルギーとして太陽光発電を今以上に導入することが、原発に依存しない社会への1歩につながるでしょう。
AEのソーラー保険は、あなたの太陽エネルギーシステムを保護します。天候による損傷、盗難、そして予期せぬ事故からあなたの貴重な投資を守ります



平常時には電気料金の削減効果も。太陽光発電+蓄電池の組み合わせにより、電気料金·基本料金の引き下げが期待できます。

  1. 太陽光発電による買電電力量の削減
    昼間の太陽光発電を自家消費に使用することで、電力会社から購入する電力が削減し、電力量料金の削減が可能です。
  2. ピークカットによる基本料金の削減
    ピーク時の使用電力量が設定値を超えそうな場合に、蓄電池から電力を放電することで電力会社から購入する電力量を削減します。お客さまの30分毎の平均使用電力の最も大きい値である最大需要電力で決まる契約電力を減少させることで、基本料金の引き下げにつながる可能性があります。
  3. ピークシフトによる電力量料金の削減
    使用電力の少ない夜間に蓄電池を充電、使用電力の多い昼間に蓄電池から電力を放電することでピーク時間帯の使用電力量を減らすことができます。その結果、夜間電力が安いご契約のお客さまの場合は、電気料金を削減できる可能性があります。

お問い合わせ・ご意見につきましては、 bousai@aenippon.comにお願いいたします。



製品・サービス