卒FITを迎えるお客さまへ 卒FIT後の太陽光発電で得する方法が知りたい、卒FIT後にもメリットはある

卒FIT後の太陽光発電で得する方法が知りたい、卒FIT後にもメリットはある

2019年11月から買取期間が順次満了
固定価格(2012年時点のFITでは住宅用に取り付けられた10kW未満の太陽光発電対して1kW42円)での買取開始から10年間を経過して買取期間が満了する住宅用太陽光発電の数は、2025年までに約240万件・970万kWの太陽光発電が、FITを卒業する見込みです。 しかし、一般的に、太陽光パネルは20~30年間、あるいはそれ以上発電ができるものだとされています。AEソーラーパネルの場合は30年出力保証後、半永久的にクリーンに発電し続けられます。たとえ国の制度に基づく10年間の買取期間が満了した後でも、発電自体は続けることができるのです。

  1. 一般電気事業者へそのまま余剰電力を売電する
  2. 余剰電力の買取価格は電力会社によって変わるため、それぞれの電力会社の売電価格を確認することが大切です。 たとえば九州電力の場合、卒FIT後の売電価格は7円となっています。これまでの売電価格よりは大幅に下がることにはなる。

  3. 新電力会社への売電
  4. 新電力会社では独自で買取価格が設定されており、電力会社よりも高値での売電が可能な場合もあります。売電するための条件として買電契約を結ぶ必要があり期間が限定されることも注意点のひとつです。 お問い合わせ・ご意見につきましては、 newpower@aenippon.comにお願いいたします。

  5. 太陽光発電の電力を完全自家消費する
  6. 太陽光発電と蓄電池を連動させることは ・再エネ賦課金を支払う必要がなくなる ・災害時も24時間電力の利用が可能 ・電気自動車の利用が便利になど メリットがあります。蓄電池を設置する場合にかかる初期費用が蓄電池本体の価格と設置のための工事費について、合計金額の相場は大まかに80万円~300万円です。 蓄電池の導入は環境問題やエネルギー問題への貢献が期待されることから、国や自治体から補助金を受け取ることができるケースがあります。補助金を利用することで費用を抑えての導入が可能となります。例えば、2023年は「DER補助金」が利用可能でした。 お問い合わせ・ご意見につきましては、 afterfit@aenippon.comにお願いいたします。



製品・サービス