電気料金削減や省エネ・CO2削減・SDGs対策の太陽光発電 持続可能な社会実現のため、企業の社会的責任(CSR)を果たす

電気料金削減や省エネ・CO2削減・SDGs対策のAE太陽光発電

持続可能な社会実現のため、多くの企業が、再生可能エネルギーの導入・自己消費を始めています。 SDGs(Sustainable Development Goals)は、2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標です。 太陽光発電は、二酸化炭素を排出せず、地球上のどの地域でも得られるクリーンなエネルギーです。これにより、SDGsの実現に貢献します。 太陽光発電は、電気料金の削減、省エネ、CO2削減、そしてSDGs対策において、重要な役割を果たしています。持続可能な未来を実現するためにも、太陽光発電は欠かすことのできない再生可能エネルギーと言えるでしょう。太陽光発電の普及と利用拡大は、これからも続くと考えられます。


  1. 電気料金は増加しつつあります
  2. 再エネ賦課金負担も増加する見通し
  3. CO2排出量削減目標を掲げたものの設備投資の予算がない
  4. ESG投資家や取引先等外部から温室効果ガス削減目標や会社方針の開示を求められている
  5. 将来的にRE100やSBT認定を目指したい
  6. 環境対策やSDGsに積極対応しなければならないが、具体的なアクションプランを策定できていない
  7. エネルギー管理指定工場のため継続的に省エネとCO2削減の取り組んで電力消費量を削減する計画を策定しなければならない

「電気を作る」ためには設備が必要ですが、通常お支払いされている電気代を設備投資に充当するという考え方に変えるだけで、これまではただの「屋根」「屋上」だったものから利益を生み出せることになります。 また自社で電気を作るため、将来の電気代の変動リスク対策にもなります。


AEの産業用自家発電サポートサービスは、第三者所有モデルと呼ばれるビジネスモデルです。 太陽光発電システムの設置も、運用コストもすべてサービス事業者側で負担するため、お客さまは「初期投資ゼロ」で太陽光発電を始めることが可能です※1。
月々のサービス利用料金は従量制課金で、現状の電力契約とお支払い方法に大きな変更なくご利用いただけます。
さらに、20年間の契約終了後には、契約内容に応じて安価で太陽光発電システムを譲受することも可能(ご返却・契約継続も可能)です。

※1契約形態によっては、別途費用がかかる場合があります。

●サービスのご提供には、別途審査が必要です。

お問い合わせ・ご意見につきましては、 saveenergy@aenippon.comにお願いいたします。



製品・サービス