積雪地域に対応する太陽光発電 太陽光発電を雪国で設置する!大切なのはソーラー会社選び&リスクに備えた保証

積雪地域に対応する太陽光発電

雪国における太陽光発電の注意点

  1. 発電量の低下:ソーラーパネルに雪が積もると、太陽光を受けることができなくなり、発電量が低下します。
  2. 設備の故障:積雪が溜まると、ソーラーパネルや架台が壊れる可能性があります。
  3. 落雪の危険:ソーラーパネルに積もった雪が落ちると、人や物に当たって大きな被害を及ぼす可能性があります。

雪国でソーラーパネルを活用するための対策

  1. 落雪防止対策:フェンスなどを設置して落雪を防ぐ。AEソーラーTerra シリーズモジュール垂直に取り付けることができ、太陽光発電できるフェンスとして使用できます。
  2. 雪対策が施されたパネルの選択:積雪対策が施されているパネルを選ぶ。AEソーラーパネルは積雪対策済み。
  3. 高さの調整:雪が積もってもパネルが雪に埋まらないのAEソーラーの架台は雪国に80GW以上の実績があります。
  4. ソーラーパネルが雪で完全に覆われると発電できなくなるため、雪かきや除雪が必須と思われるかもしれませんが、基本的にこれらの作業は必要ありません。ソーラーパネルは稼働時に熱を発し、表面の温度が上昇して傾斜で自然に雪が滑り落ちるためです。


従来の太陽電池モジュールとは異なり、AEソーラーTerra シリーズモジュールは垂直に取り付けることができ、太陽光発電できるフェンスとして使用したり、 各現場と組み合わせたりして、縦の空間を最大限に活用し、自然環境と経済的利益のウィンウィンを実現できます。 雪対策が施されたパネル


お問い合わせ・ご意見につきましては、 snowsolar@aenippon.comにお願いいたします。





製品・サービス